広島で相続相談ができる弁護士

相続は突然対応することになると、そもそも何をしたら良いのかわからないといった方も多いものです。

そんな時は弁護士へ相談すると、具体的な手続きやスケジュールがはっきりして安心できます。相続の相談と一口に言っても内容は様々です。生前であれば、今後に備えた遺言書の作成依頼だったり、事業承継の準備などがあります。開始された時であれば、対象財産や相続人の調査から遺産分割協議書の作成といった実務手続きが考えられます。借金がある場合は、早急に手続きに着手しなければ大きな不利益を被ることがありますので早めの相談が寛容です。

2020年現在、広島弁護士会に登録している弁護士は約605名となっており、全国的には中規模といえます。圏内では4箇所の法律相談センターがあり、広島北部エリアは巡回で相談センターを設けています。親や親族が亡くなり、相続が発生しそうだというときにはまずは相談してみましょう。初回相談については無料で話を聞いてくれるところもあります。

弁護士相談というと相続人が相談するイメージが先行しますが、ご自身の財産を把握して自分が死んだ後のことを事前に相談して準備しておく方がトラブルが少なく住むことが多いです。広島県内では遺産トラブル相談に特化した法律事務所もありますので、現状に合わせて弁護士を選びたいところです。ご自身が広島県内在住だが遺産自体は別の都道府県にあるといった相談の場合は、法人として他府県にも事務所を持っている事務所へ相談するとよりスムーズです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *