消泡剤と一口に言っても、幾つもの種類があり、それぞれに異なる特徴を持っているため、使用場所や発泡の状態によって適したものを使う必要があります。例えばオイルタイプの消泡剤は、鉱物油といった油性物質が主成分になっているになっているもので、水系の液体に対する消泡効果が高く、即効性に優れているのが特徴です。そのため液体の表面にできる泡を早く消したい場合に適していると言えるでしょう。油性物質を主成分とする消泡剤の中には界面活性剤タイプのものもあり、特に界面活性剤配合のものは優れた効果を発揮します。

しかも界面活性剤タイプのものは、貯蔵の安定性や長期保存可能という優れた特徴を備えているのです。使用に際して注意すべき点は、正しい使用方法を必ず守るということです。仮に使い方を間違ってしまうと、逆に泡が立つ原因を作ってしまうことになるからです。エマルションタイプと呼ばれる消泡剤もありますが、これはあらかじめ消泡成分を水に乳化し分散させたもので、水中での拡散性に優れているのが特徴となっています。

保管方法に関しては直射日光などを避け、冷暗所で保存することによって変質を抑えることができます。ほかにも特殊タイプとして知られる消泡剤もあり、シリカやシリコーンが配合されているものがこれに含まれます。これらシリカやシリコーンは消泡性能に優れていますが、塗装の際に製品に付着している場合、ハジキの原因となることがあるため注意が必要です。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です