消泡剤についてですが、この物質は、簡単に言えば料理などで生まれる泡を消し去ることができる物質です。江戸時代から既に存在している薬剤で、当時は豆腐を製造するうえで発生する投入の泡を消すことで滑らかな豆腐を作るための物質として消泡剤は用いられました。消泡剤自体の仕組みは、界面活性剤を用いることにあり、界面活性剤が物質の表面を覆えば表面張力により物質が安定し泡が発生しなくなるという物です。その為、江戸時代ではすでにこうした界面活性剤と同じ機能を持つ物質を生み出すことで投入製造時に発生する泡を消していたのです。

他にも消泡剤は、排水処理にも有効に機能する薬剤で排水溝などは泡が邪魔をしてうまく排水を行うことができなくなるという問題がありますが、その問題を解決することが可能です。何故なら、排水処理にも同様に表面張力をうまく機能させることで泡の発生を抑制し、そのまま排水したい物質を排水溝に通すことができます。この薬剤があるおかげで、日常に使用する泡が発生することで問題が生じる環境を変えることができ、例えば豆腐作りもそうですが、排水溝の処理水をうまく排水するなどが消泡剤の力で可能となるのです。逆にこの薬剤がない場合、豆腐はうまく固まらず、滑らかさに欠けてしまい、排水処理においては排水溝が泡でふさがれるという事態が起きますので必要とされている物質なのです。

無論この物質は、安全性が確認されており、現在でも多くの製品に使用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です