消泡剤は液体に泡が出るのを防ぐためや、出来たのを消すために添加するもので色々な種類があります。製品の製造工程で残ると不都合な場合に使い、食品製造や化粧品などで使われてます。水など表面張力を持つ液体の中でも、界面活性剤や高分子化合物が含まれていると安定に存在します。液体全体で部分的に表面張力を低くすることで消せて、この性質を持つ物質で消泡剤が使われてます。

水系だと一般には親油性の高い界面活性剤で液体表面に広がりやすいものです。例えば豆腐の製造だと消すため植物油加工品を加えることは江戸時代から行っていて、今では消泡効果が高く毒性のないシリコーンオイルを水性エマルションしたものが、食品・化粧品・日用品などで利用されてます。胃腸のガスを消すための医薬品でも消泡剤を使い、食品だと脂肪酸エステルなどが多いです。作用だと大きく分類すると破泡性と抑泡性の2つの機能に分けられて、破泡は一度生成した泡を破壊することで抑泡は生成を抑えます。

効果は水に対しての拡張性と溶解性の特徴から見ることが出来て、破泡には拡張性が大きく表面張力が小さい条件が必用で、抑泡だと溶解性が小さくて表面張力が小さいなど条件が必用だと考えられてます。理想なのは表面張力が小さくて水に対しての拡張性が大きい、溶解性が小さいことを満たしているものです。シリコーンは表面張力は小さく水に対して拡張性や溶解性も小さいですが、破泡性はやや不足ぎみです。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です