添加物が気になるという方は多いです。しかし、製品を作るときには泡というものが発生してよくない場合もあり、その際には消泡剤というものが使われることがあります。原料を調製したり、製品化する過程で使われたりするものです。食品に使われるものとしては、乳化剤やシリコン系、エタノールといったものが消泡剤として使われることがあります。

無駄なく綺麗に製品を仕上げるためには必要というものではありますが、気になるという方もいらっしゃいます。製品により使用されている消泡剤には違いがありますので、製品購入の際にチェックしてみるのがおすすめです。詳細に情報が公開されている製品であれば、自分で判断して選ぶことができます。例えば、消泡剤としてパーム硬化油脂や炭酸Mg、ライスワックスや植物レシチンといった物が使われていると表記されていれば判断材料のひとつとして活用することができます。

どのような成分がどのような目的で使用されているのか、素人では判断が難しい場合が多いです。自分で調べて判断するのが難しいのであれば、添加物について役割まで詳しく記載されているものを選ぶという方法があります。気にされる方もいれば、そうではないという人も多いです。それぞれの判断によるものですから、消泡剤について気になっているのなら、その辺の情報も公開されている製品から都合に合ったものを選ぶと便利です。

探せば詳細に記載されている製品もありますので考え方に合わせて便利なものを選ぶことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です