お豆腐のパッケージの原材料を見ると、「大豆」「にがり」…「消泡剤」と書いてあるのを見たことがある人は多いのではないでしょうか。この消泡剤とは、何のために入っていてるどういう成分なのでしょうか。そもそも泡とは、液体や固体の中にかたまりや飛沫として入り込んだ気体やその気体が薄い膜で隔てられた状態のことを指します。消泡剤は、食品や化粧品の製造工程において泡が残ると不都合である場合に用いられるものなのです。

お豆腐などの食品では、脂肪酸エステルなどの界面活性剤が多く用いられています。特にお豆腐は、原材料である大豆に含まれるサポニンという成分が天然の界面活性剤でもあり、水に溶かすとよく泡立つという特性があります。その為、泡を除去しないとブツブツとした食感になってしまい、お豆腐本来の食感を大きく損ねてしまうのです。消泡剤を使うことで、滑らかでツルンとしたあの食感が生み出され、更に無駄な空気が入らないことで日持ちも長くなるという効果をもたらします。

同じくお豆腐製品である、厚揚げや油揚げなどにも使用されています。一方、化粧品の場合はその多くに界面活性剤が含まれており、そこに水を加えることで大量の泡が発生します。シャンプーやボディソープのように泡立つことが良しとされるカテゴリーのものもあれば、化粧水などのように泡立つ必要がないものもあります。そういった化粧品のカテゴリーでは消泡剤が活躍しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です