液体がその物質と混ざった時に発生する泡を瞬時に消す薬剤のことで、医療の現場から食費製造の業界まで幅広く使われています。検査の精度を上げることや作られた食品の見た目や味を良くすることなど幅広い用途で使われていて、医療の現場で使われている場面は、胃や腸などの検査に使用されます。バリウムという粘り気のある物質を飲んでもらい、胃の粘膜に付着させてレントゲンを照射して撮影をする胃X線検査においては消泡剤はかかせないもので、飲み込んで胃の中に入ったバリウムと胃液がまじ合うことで現れる泡を瞬時に消すことができ、もし泡があると胃の表面を撮影した画像に泡が邪魔してをして、胃の検査の精度を低下してしまうらからです。他にも胃や腸の中に小さなカメラを挿入した管を挿入して内部を観察する内視鏡検査のおいても使われていて、泡に邪魔されないように内部を観察できる役名を行っています。

食品部門での消泡剤の役目は見た目の良さに関係あるしていて、東部などは水とニガリ、タンパク質がまじ合うことで発生する泡を抑えています。豆腐に泡が発生して微細な凹凸が見られる製品は見た目にも悪く美味しく感じません。消泡剤は食品の製造から医療まで多岐の分野で使われていて、消泡剤は発生した泡の表面を即座に破壊するものや、表面を消泡剤本来の物質に置き換えるものなどがあり、使用する用途の物質に応じたオイル系のものや、洗剤などに使われている界面活性剤などに分類されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です