消泡剤は液体に生じた泡の膜に入り込むことによって、表面張力を低下させ泡の膜を破壊してしまうことで「あぶく」を消滅させることが出来ます。このようにして液体などに生じた泡を消してくれる製品は、現代ではいろいろな場所で必要とされており、特にパルプ製造や石油精製の現場や食品工場で求められている製品と言えます。さらに詳しくわけると、植物由来の油脂などに炭酸カルシウムや炭酸マグネシウムなどを混合し均質化した油脂系のもの、乳化剤として広く使われているグリセリン脂肪酸エステル(モノグリセライド)系のもの、シリコーン樹脂系の物に分かれ、いずれも私たちの生活の中にも深くかかわっている製品です。たとえば、豆腐を作るときによく使われているものの中にも、消泡剤があります。

大豆にはサポニンが含まれるために、豆腐の製造過程でこの成分の影響で泡が発生してしまうことが多く、この泡を効率的に消してしまうために消泡剤がよく使われています。その中でも、特にシリコーンタイプの製品が使われることが多いことが特徴的です。このような製品を使わなくても豆腐を作ることはできますが、設備を整える必要があったり、余計な手間がかかったりしてしまいます。そのため、効率的に豆腐を作るために、現実的には消泡剤を使っていることが多いです。

このように消泡剤は私たちの身の回りの物の製造や、食品の製造に深くかかわっており、実際の生活になくてはならない製品の一つであると言えます。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です