消泡剤を利用すれば製品を製造する過程で生じる泡をなくすことができ、作業効率アップや品質向上を期待できるようになります。このアイテムを用いれば、どの製品でも同じ効果が期待できるわけではありません。種類ごとに特徴や利用するべき場面が違っているので、具体的な内容を知っておくことをおすすめします。汎用性が高い消泡剤にはシリコーン系がありますが、その中でもいくつかに種類が分かれていることを理解しておくべきです。

オイル型は溶剤や添加剤を含まないもので、水や溶剤を混入できない油性の液に使用することができます。溶液型はオイル型と同じく油性系に使用することができ、添加する際に分散しやすいようにあらかじめ溶液化されていることが特徴的です。オイルコンパウンド型はシリカ粉が含まれており、水性の液に対しても有効だと言えます。エマルジョン型は最も汎用的なものであり、食品添加や廃水処理などの様々な用途で使うことが可能です。

自己乳化型は冷水で希釈することでエマルジョン状態となり、酸性やアルカリ性の水性発泡液に高い効果を示します。消泡剤にはこのような種類がありますが、それぞれで特徴が違っていることが分かったはずです。適切ではないものを使用すると期待する効果を得ることができないので、注意が必要だと言えます。消泡剤を利用することを検討しているのであれば、まずは種類別の性質や用途などについて理解を深めておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です