消泡剤の作用には大きくわけると複数あり、一つは破泡作用で、もう一つの作用は抑泡作用と呼ばれているものです。破泡作用の特徴は、消泡剤を添加することによって膜の弾性がなくなり薄くなることで、できてしまったものを破壊してなくしてしまう点にあります。もう一つの作用である抑泡作用の特徴は、泡が出来ること自体を不可能にして抑制してしまうことです。どちらであっても、出来たものを消してしまったり、泡そのものを作らないといった力があるので、どちらを選んでも効果はありますが、それぞれ別の作用が働いているので作用機構を考えて使用するとより効果的に使うことが可能で、二つのタイプの力を持った消泡剤がより効果的で理想的な消泡剤といえます。

また、消泡剤の種類には一般的に、オイルタイプ・活性剤タイプ・エマルションタイプの物があります。オイルタイプの物は、熱に強く非常に安価で、表面の泡を速やかに破泡させることが可能な点が長所と言え、短所には油性であるため河川などの環境に負荷がかかる点があげられます。活性剤タイプのものは、界面活性剤の一種で疎水性が高く油性である点が特徴です。そのため、安定性に優れているため長期にわたっての保存が可能です。

その反面、短所としては効果になりやすい点があげられます。エマルジョンタイプのものは、被消泡液への分散性に優れているという長所がありますが、長期間の保管が難しいという短所があります。長期間保存すると固化したり、消泡性能が損なわれることがあるため、劣化を防ぐために屋内などの直射日光の当たらない環境での保管が望ましいタイプです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です