消泡剤とは液体に泡ができるのを防いだり、できた泡を消すために添加する添加物のことです。機能は破泡性と抑泡性この2つに大きく分けられており、添加することによって発泡を抑えます。身近なものでは豆腐などの食品や化粧品、日用品などに広く使われています。例えば豆腐は製造工程で原料の大豆の成分によって気泡だらけになってしまい食感や外観を損なってしまいます。

大量の気泡によって空気に触れる面積も大きくなり日持ちにも影響します。その泡を消して滑らかで美味しく食べられる豆腐にしてくれるのが消泡剤です。消泡剤の種類はシリコーン系と有機系に大きく分けられています。シリコーン消泡剤にはオイル型・溶液型・コンバウンド型・自己乳化型・エマルジョン型など様々な製品があります。

汎用性が高く、微量で高い消泡抑泡効果を発揮するのが特徴です。科学的に不活性なため他の物質と反応したりすることがなく、安定性や安全性の高さから食品用シリコーンは食品添加物として認定されています。使い方は原液でも可能ですが、発泡液へ添加した際の分散性を高めるためにあらかじめ製品に応じて水や溶剤で希釈するのが一般的となっています。高級アルコールなどの有機系は汎用性は少ないものの水溶性の消泡においては優れた持続性を発揮します。

消泡剤は様々な分野の製造や処理工程において問題となる発泡に優れた効果を発揮し、製品の品質向上や環境の改善などに広く貢献しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です