豆腐に消泡剤が使われてきた理由は、製造過程で泡の発生を少なくするためです。泡があると見た目が悪くなるだけではなく、空気に多く触れることから酸化が促され、日持ちも悪くなるという欠点があります。ではなぜ、豆腐は泡立ってしまうのでしょうか。原材料で使われている大豆の中の成分にサポニンと言われるものがあり、水に溶けると泡が立ちやすく、界面活性作用が生まれます。

石鹸のような泡立ちで、実際に石鹸の成分としても使われています。昔から生薬の有効成分としても重宝されているから、サポニンの成分やそこから生まれる泡自体には体に悪影響がありません。しかし、見た目が悪いと消費者の購買意欲の低下につながります。日持ちせず、すぐに酸っぱい味に変化してしまうようなデメリットがあるとやはり豆腐は売れなくなるため、泡立ちを消すために消泡剤が使われるようになりました。

消泡剤として豆腐に混ぜられているのは主に3種類あって、油脂系のものと食品添加物に使われアルコールの一種でもあるグリセリンと食用油脂を反応させてつくったもの、そしてシリコーン樹脂です。シリコーン樹脂と聞くと、口に入れても大丈夫なものか心配になる人もいるでしょう。植物性ケイ素から抽出されるもので、食品用としてつくられているため問題ありません。これらの成分はすべて食品衛生法で定められた通りにつくられて用いられているので、添加されていても安心して食べられます。

それでも添加物が気になる人は、一切消泡剤を使っていない豆腐を選ぶとよいでしょう。包装技術の発達により空気をできるだけ取り除いて完全包装できるようになったため、開封しなければ長持ちさせることができるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です