消泡剤と言えばどんなイメージでしょうか。日常生活で私達はあまり目にすることはありませんが、正式な名称は、「グリセリン脂肪酸エステル」です。これは、液体に泡が出来るのを防ぐため、あるいは出来た泡を消すために添加する添加物のことです。馴染みのあるところでお豆腐があります。

豆腐の原料は大豆ですが、大豆の中にはサポニンという成分が入っており、このサポニンが水に溶かすとまるで石けんのように泡立つ性質をもっています。お豆腐は製品自体又は製造工程の途中で泡が残ると、見栄えなどの不都合が生じるためこの消泡剤を使用します。お豆腐の製造工程では、砕いた大豆を加熱することにより、泡が生じこの泡を消すために消泡剤を使用します。泡があると食感の良い綺麗なお豆腐に仕上がらなく日持ちも悪くなります。

食品衛生法によると、加工中に消滅または最終食品に残っていても、微量な「加工微剤」として扱われていますので安心して食べることが出来ます。昨今、健康志向により食品添加物が健康に与える影響など社会的な関心が高くなっておりますが、法律により科学的に証明されている添加物は恐れることはありませんので心配無用です。なお、消泡剤「グリセリン脂肪酸エステル」は、天然の油脂にも含まれる物質で、乳化剤として様々な食品に用いられていますし、食品添加物として専門家の評価の末に使用を認められたもので適切に使用すれば安全性にまったく問題はありませんので安心して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です