私たちは日常生活において、泡を巧みに利用しています。日常生活での具体的な例を挙げて言えば、スポンジなどはその最たるものです。食材の中に泡を取り込むことにより、独特の食感や風味を保つ料理を作り出す事に成功しています。具体的には、お菓子や食品などを作る際に泡を利用しています。

生クリームなどを作る際には、乳脂肪分の多いクリームに積極的に空気を入れることで泡立てます。そのことから、独特の食感の生クリームができるわけです。またケーキなどを作る際にも、卵白を泡立てるということをよく行います。このように泡が立つということは、ある特別な成分が溶液の中に入っていることになります。

そのような成分のことを、界面活性剤と言います。現象として泡が立っているということは、溶液の中にそのような成分が入っているということを意味することになります。泡を利用する場合にはいいのですが、泡が邪魔になる場合も出てきます。そのような際には、積極的に消す必要があるわけです。

そのような際に用いられるのが消泡剤と呼ばれるものです。消泡剤は、泡を作っている膜面の中に不均一を生じさせ膜面にかかる力を偏らせることによって、力が不均衡を利用して破壊するということを助けるものです。例えば、ペイントなどで液の中に泡が入ると仕上げの表面がでこぼこになってしまうというような際に、積極的に消泡剤を投入することで、気体を出してスムーズな表面仕上げが可能となります。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です