私たちの身の回りには泡が出るものがたくさんあります。最も身近なものが石鹸やシャンプーなどでしょう。お風呂に入った際や洗顔を行う際には、シャンプーや石鹸を利用することによってたくさん生じます。見た目には、これがあることによってよく汚れが落ちるような気がします。

汚れが落ちる原理は、石鹸やシャンプーに含まれる界面活性剤が汚れの主成分である油の部分に取り付き、分子の反対側にある水になるしやすい部分によって油全体を取り囲むようにする構造を作ることができるからです。界面活性剤があると、水になじみにくいものを水になじませるということが可能となるわけです。実は泡ができる過程もこれと同様のものなのです。通常、気体は液体とまじりません。

これを化学的な観点から見てみると、気体は水になじまない性質を持っているという風に考えることができます。従って、先ほどの汚れが持っているものと同じような性質を持っていると考えられるわけです。界面活性剤のような成分が溶液の中にあると、泡を作りやすくなるという仕組みです。泡ができないようにするためには、界面活性剤が持っている役割を阻害すれば良いということになります。

具体的な方法としては、泡の膜面の偏った部分に変化を起こさせる消泡剤を用います。消泡剤のこのような性質から、泡の構造が不安定となり泡が消えるということになるわけです。このように消泡剤を利用することによって、泡を消し気体を溶液の外に出すことが可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です