「消泡剤」は液体に泡ができるのを防いだり、できた泡を消すための食品添加物のひとつで、一般に販売されている豆腐を作る際に、滑らかに仕上げるために使われています。豆腐は大豆で作られていますが、大豆の中には水に溶かすと石鹸のように泡立つ天然の性質があり、豆腐を作るときに大量の泡が発生します。気泡だらけの豆腐では、見た目が良くないだけではなく、日持ちが悪くて腐りやすくなり、製造中も次から次に泡が立って吹きこぼれるなどの問題が起こります。昔ながらの豆腐作りでは、何度もすくい取り布でこして取り除く作業をしていましたが、それではコストがかかってしまうため、素早く泡を消すために消泡剤が使われるようになりました。

泡膜の表面を部分的に不均等な状態にして、泡を不安定化させる働きがあります。消泡剤は食品添加物のひとつですが、加工助剤なので出来上がった豆腐の中に成分が残ることはなく、人体に害を与えることもありません。消泡剤不使用の豆腐を作るには、大型の鍋や密閉型の釜などしっかりした設備が必要で、常に火加減を見ていないといけないので、大きなメーカーから個人の豆腐屋さんまで使用しています。また、胃カメラ検査でも検査の前に液体を服用し、胃内の粘膜の泡を破裂させて排出させるために、消泡剤が使われています。

胃の中には常に泡がこもっていて、内視鏡による視認性を低下させておしまうので、この問題を解消するために使用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です