消泡剤は発泡している液体に対して微量添加することにより、その発泡を抑えることができる添加物です。この状態は液体が薄い膜となって空気を包む現象であり、生成には粘性や表面張力などが重要な因子となります。そのため消泡剤を使用することは膜の表面を部分的に不均衡な状態にして泡を不安定化させるものを指します。では実際にどのような作用をもたらすのかというと、大きく分けて破泡作用と抑泡作用、脱気作用の3つに分かれていきます。

破泡作用とは表面に界面活性物質が疎水基を上面に出して規則正しく並んでいる状態で、親水性の部分と疎水性の部分が混在していることから、物質が添加されると表面の分子配列の一部は消泡物質に置き換わります。薄膜はある一定の厚さを保ち非常に弾性的な性質を持ちますが、物質の侵入によって膜の弾性が失われて膜厚が限界以上に薄くなり破裂する作用です。抑泡作用とは消泡成分を予め発液に分散させておくことで、液表面に並んだ界面活性剤物質の中に消泡成分がその配列を乱すように割り込んでいきます。液中の気泡が表面に出て薄膜を形成しようとすると、薄膜の安定化を阻害するので、泡の生成を不可能な状態にする作用となります。

最後の脱気作用とは消泡剤成分が液内部の気泡同士をくっつける接着剤の役割を果たし、接合した内部では気泡は一つに大きくなって浮力で液面に上昇します。小さな状態よりも大きな状態の方が速く液面に上昇する仕組みから、自然と相互作用により破裂する作用です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です