消泡剤は様々な製造工程で使われていて、適切な機能を維持するうえで重要な添加剤となります。熱などで溶けている液体を固める場合、その過程で泡が生じます。その泡は固まると内部に残ってしまい、様々な悪影響を与える場合が多いのです。例えばゴム製品の場合だと、泡が内部にあることにより摩耗した際に事故になるリスクがあったり切断するような影響があり得ます。

金属の場合も同様で、耐久性や耐用性などの基準に影響してきてしまうため取り除かなければなりません。このようにモノを製造する際には、消泡剤はとても重要なのです。取り除く方法としてはいくつかあって、①泡を生じさせない②生じた泡を小さくしたり消したりする③泡が液体の外に出やすくするなど様々な方法があります。これらは液体の「表面張力」が影響しているため、この泡を作る力を抑えることが肝要ですが製造過程によっては必要な力でもあるため最も効果的な方法を選択していくのです。

さらに食品などの場合は人体に害のないことはもちろんのこと、アレルギーなどにも配慮した製品を選ぶ必要があります。表面張力効果を下げるような乳化剤だったり、油分の多いものだったりを過去は使用してきました。最近では、消泡効果が高く毒性のないシリコーンオイルを水和性を高めたものが多く利用されていて効果が高いものとして人気です。食品や医薬品など人体に影響しないものについては、一定の基準が設けられているため消泡剤の詳細も確認すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です