消泡剤とは気泡(泡)の発生を抑えたり、小さくしたりする添加物や薬剤のことです。消泡剤を実際手に取ったり、触れたり、見たりした人はいないかと思います。消泡剤は身近なところで役立っており、これがなかったら大変なことになっていたと言っても過言ではないようです。要は気泡が厄介者になっているので、気泡がないことがいいということです。

例えば豆腐が型落ちしないように、豆腐製造の段階で配合しています。そうすることできれいな型をつくれるようになっているのです。型落ちしたら商品になりませんから食べることさえできません。胃カメラで胃の中をのぞくときも胃に気泡が発生していたらくわしく調べることができません。

胃の中の気泡を小さくすることで胃の病巣などを見つけることができまます。お腹の張りが起きる原因として、お腹にガスがたまっています。お腹のガスをとりのぞくのに、消泡剤を含んだ錠剤というものがあります。この錠剤を飲むと、お腹のガスの発生が抑えられ張りを改善してくれます。

ペンキも乾燥してしまうとこまかい気泡の塊ができやすいので、ペンキにも配合してあります。塗った後のできあがりがきれいになりますから助かります。泡立たない石鹸にもこれが使ってあります。代表的なものを挙げましたが、このように目にみることができないため、消泡剤という言葉を初めて耳にする方がほとんどです。

ほかにもいろいろなところで使われていますので調べてみると意外な発見があるかもしれません。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です