消泡剤は液体に泡が発生するのを防いだり、発生した気泡を消すために使用される添加物です。身近なところでも多く使われていて、例えば食品や化粧品の製造工程でも使われています。様々な種類のものがありますが、現代ではシリコーンオイルを乳化させたものがよく使われています。消泡剤を使わないと、液体に泡が発生することによって製品を製造する工程で作業の効率が悪くなってしまうことがあるでしょう。

また品質が低下することもあります。そのようなことを避けるために、消泡剤は使われているのです。大きく分けて液体にできた泡を消す方法には2つの種類が考えられます。その1つは温度や超音波などを使用したり、手作業で取り除いたりする方法です。

もう1つは泡を消す効果のある消泡剤を使用するという化学的な方法です。添加物を使用して泡を消す方法は、それ以外の方法よりも効率が良かったりコストがかからなかったりするというメリットがあります。多くの人にとって身近なところで使われている消泡剤の代表例としては、豆腐に使われているものが挙げられるでしょう。白く滑らかな質感の豆腐は、大豆を原料として作られています。

しかし大豆に含まれるサポニンという成分は、水に溶かすと泡立ちやすいという特徴があります。そのため大豆の煮汁を絞ってにがりで固める製法で作られている豆腐の製造工程では気泡ができやすいです。気泡が沢山出来てしまうと見た目がよくないだけでなく、日持ちが悪くなるため取り除く必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です