消泡剤は液体にできた泡を取り除くための添加物です。食品用や工業用などがあり、様々なところで使用されています。良く知られているものでは、豆腐を製造する際に使用されているものが挙げられるでしょう。豆腐は水に大豆を浸しておき、その後砕いて煮た汁から造られています。

しかし原料である大豆には、水に溶かすと泡立ちやすい成分が含まれています。そのため製品に泡が入りやすいのです。しかし泡をそのままにしておくと、豆腐ならではの滑らかな質感が損なわれてしまいます。とはいえ消泡剤を使わずに泡を取り除こうとすると、かなりの労力が必要になってしまうのです。

それでは生産可能な量が減ってしまい1つあたりのコストが高くなってしまいます。そのようなことから、効率よく泡を取り除くことができコストも抑えられる消泡剤が使われるようになりました。泡を消すためには、発生した気泡を壊すことと気泡の発生を抑えることのどちらも必要です。消泡剤はこれらのような2つの効果を持っている添加物となっています。

消泡剤にはシリコーンオイルタイプと、界面活性剤やポリエーテル、高級アルコールなどのタイプがあります。食品をはじめとした様々なところで広く使われているのは、大抵シリコーンオイルタイプのものです。豆腐の場合にも、こちらのシリコーン系のものが一般的に使われています。豆腐に使われるこの添加物は、出来上がったあとには成分が残らないのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です