消泡剤は一般の家庭ではあまり使う機会がないかもしれませんが、プロの清掃会社などでは頻繁に使われています。大きな建物の床洗浄などを行うときに、同薬剤が大活躍してくれます。消泡剤とは読んで字の如く、泡を消してくれる薬剤に他なりません。そんなものが床洗浄で何の役に立つのか、使ったことがない人は疑問に思うことでしょう。

床洗浄において同薬剤が活躍するのは、汚水を回収する時においてです。ウェットバキュームなどで汚水を回収する際に、泡が大量にたっていると、作業に支障をきたしてしまいます。ウェットバキュームは、吸い込んだ水が一定以上になると、吸引ができなくなってしまう仕組みになっていますが、泡があると普通の水よりも吸引できなくなるのが早まってしまいます。そのためウェットバキュームで吸引した水を何度も排水しなければならなくなり、作業効率が大幅に悪くなってしまうわけです。

同薬剤はこの現象を防ぐのにとても有効です。泡を消し去ることができれば、バキュームの水の回収容量がよくなりますから、排水作業をする時間が少なくて済むでしょう。このアイテムは、広い面積を清掃する必要があるプロの清掃会社には欠かすことができません。消泡剤を使って汚水の泡を消すことは、清掃機器の故障を防ぐ効果ももたらしてくれます。

泡がたっていると、水分がモーターなどの機器の中枢部分に入り込んでしまうリスクが増大します。そうなると機械が劣化して、最悪の場合は故障してしまいます。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です