消泡剤とは、発泡液の中に少量混ぜる事によって発泡の度合いを下げる役目を担う薬剤の事を言います。液体の種類によって発泡を抑える薬剤は変わってきますので、特定の薬剤を指す言葉というよりは、役目を担う薬剤が色々変わるという事も押えておきたい所です。状況次第で、完全に消す事を目的に消泡剤が使われるケースも少なからずあります。食品(※豆腐に植物加工油の記載がある事が筆頭)であったり、化粧品等で添加物として色々なタイプの消泡剤が使われている事が確認出来るのもポイントです。

泡の生成には表面張力、泡の粘性等が重要な因子を担います。ですので、この条件を崩す為に泡膜の表面を部分的に不均衡な状態にし、泡を不安定化させる薬剤を入れる事で泡を消したり最初から出来なくしてしまおうというコンセプトなのだと考えると齟齬がありません。ちなみに、シチュエーションによって消泡剤は「オイルタイプ」と「活性剤タイプ」、そして「エマルションタイプ」の3つに区分けされます。オイルタイプは鉱物油等に消泡成分を分散させた物で、表面の泡を速やかに破泡させる場合にはこれを使うのが堅実です。

続いて活性剤タイプは、界面活性剤の一種と解釈して下さい。水に入れるとある温度以上で白濁分散する為、自己乳化型消泡剤との別名で呼ばれる事もあります。後はエマルションタイプですが、高級アルコール、エステルといった成分を乳化分散させたもので、このタイプは経年劣化を早めない為に日光が当たらない場所で保管する事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です