商品を生産するに辺り、中には液体の中に泡が出てしまうと不都合があるケースも少なからずあります。消泡剤とは、そんな時に投入される薬剤であり、「出た泡を消す」や「そもそも泡を出来なくする」といった目的で使われる事がメインです。代表的なケースでは、豆腐の製造工程で豆乳から発生する泡を消す為に消泡剤として植物油加工品を加える事等が上げられます。(※江戸時代からの伝統的な方法)つまり、「消泡剤=〇〇」という様に特定の成分の薬剤を指すわけではないという事であり、シチュエーションによってその役目を担う薬剤は色々変わるという事でもあります。

ちなみに、現代では毒性が無いシリコーンオイルを水性エマルションにして食品や化粧品や、日用品等に多く使われている事等も押えておきたいポイントです。他にはジメチコンや、ジメチルポリシロキサン等が胃腸薬を作る段取にて消泡剤に使われる事も少なくありません。泡は、水等の表面張力が高い液体に特に界面活性剤や高分子化合物が混ざった時に多く出ます。つまり逆に言えば、液体全体の表面張力を低下させてしまえば、泡は発生しないという事でもありその為に液体の性質を見極めて投入されるのが消泡剤であるという事でもあります。

水系に限って言うならば、「親油性が高い界面活性剤で液体表面に広がりやすい」という条件を満たす薬剤が、条件を満たす場合が少なくありません。食品の成分表等をチェックすると、製品の内容に合わせた薬剤が添加物として記載されているのが確認出来る事が多いのもポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です