値段も安く栄養が豊富で、一年中使われる食材のひとつに豆腐が挙げられます。ヘルシーで身体にも良く、非常にありがたい存在と言えるでしょう。大豆とにがりのみで作られているイメージが強いかもしれませんが、実は様々な添加物も入っています。その一つが消泡剤であり、豆腐はなめらかでつるんとしていますが、このような仕上げのために使われているものです。

消泡剤は名前からもわかるように、泡を消すために使われるものです。豆腐の原料の大豆の中には、サポニンと呼ばれる成分が入っていて、このサポニンは天然の界面活性剤であり、水に溶かすと石鹸のように泡立つ性質があります。豆腐を作る際には、このサポニンが入っていることにより、大量の泡が発生してしまいます。このまま作ってしまうと気泡だらけの豆腐になってしまうため、この泡を消すために使うものが消泡剤なのです。

わざわざ泡を消す必要はないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、泡がたくさん入っているということは、豆腐がたくさんの空気に触れることになり、腐りやすくなってしまいます。製造中にもどんどん泡が立ち、その他にも問題が生じることになるでしょう。消泡剤以外の手段もあるのですが、その方法は泡をすくい取る、布で何度もこすなど、コストが跳ね上がり生産数も落ちます。このようなことから手早く泡を消すための方法として、消泡剤が使われます。

食品添加物のひとつではありますが、出来上がった豆腐の中にその成分は残りません。このようなことから、特に健康を害することもなく、それほど気にする必要はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です