消泡剤と言う言葉を聞いたことがある人は、専門的な仕事をしている人だけでしょう。一般的に消泡剤と言われても、何のことやらさっぱりわからないかもしれません。かろうじてその漢字を見てみると、泡を消すものであることがわかるはずです。この消泡剤には様々な使い道があり、人間の体内に入れて問題ないものと、危険なものに分かれます。

人間の体内に入れて問題ないものは、例えば食品の表面にかけるものといえます。よくある例は、豆腐を作るときでしょう。豆腐を作るとき、表面に泡のようなものができてしまい見た目が悪くなるケースがあります。これを防ぐために、最近は消泡剤を表面にまき、泡をなくしきれいな状態で出荷するわけです。

また、胃カメラを飲む場合には胃の中にたまった泡を消すため消泡剤を飲むことがあります。これらは、アルコールの1種となっており身体には特に影響はありません。もちろんたくさん使いすぎるとそれはそれで問題ですが、そうでなければ何か影響があるわけでは無いのです。これに対して、身体以外のところで使うものがあるとすれば外壁塗装等に使う場合も考えられます。

外壁塗装をするときの塗料の表面にできた細かな泡を消すために使うわけですが、身体に入れるものと異なりアルコール以外のものを使います。例えばシリコン系のものを使っているケースがあり、これを表面に吹きかけることで表面の泡を飛ばしていく仕組みです。当然これを体内に入れてしまうと体に問題が出てしまうため、間違えても飲まないようにしましょう。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です