工業製品の中には、作っている最中に発泡現象が起きると品質が大きくダウンしてしまう様な物が少なくありません。そんな時に、発泡阻止や抑制の役割を持った材料が投入される事がありそれを消泡剤と言います。製品ごとに事情が違いますので、必ずしも特定の材料が消泡剤と常に呼ばれるわけではなくて、オイルタイプと活性剤タイプとエマルショックタイプで合計3つ程ある事もチェックです。ちなみに、歴史も結構古い物があり、日本では江戸時代の頃から豆腐製造の時に投入に植物加工油が消泡剤として投下されていましたし、胃薬製造の段取では、ジメチコンや、ジメチルポリシロキサン等が発泡防止用という事で使われていたりします。

当然、食品や化粧品等体に入る物質の製造に関しては、毒性がある消泡剤が使用される様な事はありません。大概、製品の成分表に食品添加物として名前の記載がある事が多いのもポイントになります。発泡は、界面活性剤や高分子化合物が混ざった表面張力の高い液体で多く出てしまう傾向がありますので、液体全体の表面張力をアップさせる事でそれを阻止するというのが、基本コンセプトである事等も押えておきたい所です。オイルは熱に強く即効性が大きい代わりに、油特有の問題で環境汚染が付きまとい、活性剤は安定して長期保存出来る代わりに希少&高価、そしてエマルショックは被消泡液への分散性と脱気性にメリットがある代わりに、劣化の足がとても速いという事がデメリットになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です