基本的に消泡剤とは、泡を消すための薬剤です。食品にも使われている物で、豆腐をはじめいろいろな物に使用されてきました。特に豆腐に使用される頻度は高く、大豆を煮ているとどうしても気泡が多数生じてしまうため、できるだけ穏便に取り除かなければなりません。処理する方法として泡をすくって布でこす方法と、消泡剤を加える方法があります。

手作りで作っている豆腐であれば泡を気長にすくい、布でこす方法もいいでしょう。出来上がりは非常に素朴な味がします。しかし、大量生産をするためには気長に泡をすくうことは難しいです。時間とコストがかかりすぎるため、消泡剤を使ったほうがいいといわれています。

なお、消泡剤として使われている物の主な名称としては、シリコーン樹脂とグリセリン脂肪酸エステルです。シリコーン樹脂はコンビニやスーパーマーケットの揚げ物を作る油の中にも入っている身近な物で、豆腐に入れると製造中にほぼなくなるといわれています。対してグリセリン脂肪酸エステルはグリセリンと油脂を結合させたもので、食品に含まれいる成分の一つです。どちらも安全性には問題ないといわれていますが、どうしても入っていることが気になる人は、消泡剤なしの豆腐などを食べるように心がけるといいでしょう。

不使用のものを選ぶ場合、市販されているかどうか内容物を確認して選ぶことが重要です。天然のにがりを使っているなど細かな部分にまで納得できる表示をしている物や、不使用と書かれているものなどがおすすめできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です