一般的には消泡剤は液体に泡ができないようにするための予防措置として使われる場合や、すでにできている泡を消すための役割を担っている薬剤です。食品添加物に使われる物だけではなく、工業用で使われているものなども少なくありません。実際に様々な物が存在していますが、最も多く使われている物として、シリコーン系のものがあげられます。単純にシリコーン系消泡剤といわれていても、複数のものが存在しており、オイルタイプや粉末・固形タイプなど多様な種類が存在しているのが特徴です。

最も多くの人が理解しているのは豆腐などの食品に使われているタイプでしょう。食品添加物や排水処理などに使うことができるため、使用するときには多様性があると考えられています。また、安全性にも優れているのが特徴の一つといえるでしょう。また、工業用の物としてはアルコールを使用している物もあります。

常温では固体となっているアルコールを使ったもので、機能を上手に出すために使われ方が独特であるのもポイントの一つです。それ以外ではポリエーテル系と呼ばれるものも存在しているなど、多数の種類のものがあるのが特徴といえます。消泡剤とは言え市販の食品添加物に使用できるものと、工業用の物では大きな違いがあるといわれており、利用する上でも用途が異なるのは事実です。それぞれ適切な利用法があるため、利用する用途に応じて使用されるものが違うことを理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です